WEBページを閲覧し物件探しを行うこと

パソコン始め各種情報通信端末が企業だけでなく一般消費者や学生から子供まで幅広く普及しているため、大企業に限らず、中小企業でも会社情報や取り扱い商品に関する広報活動にもWEBサ

消費者ニーズの動向やその変化を把握するのにWEBサイトの活用

WEBページを閲覧し物件探しを行うこと パソコン始め各種情報通信端末が企業だけでなく一般消費者や学生から子供まで幅広く普及しているため、大企業に限らず、中小企業でも会社情報や取り扱い商品に関する広報活動にもWEBサイトを開設して積極的に活用しています。特に、昨今のように販売競争の激しい時代に企業が内外の競合する同業他社との差別化等を試みるには消費者へ積極的にアプローチする取り組みが不可欠で、WEBサイト活用が有効だとの認識になっています。

企業としては常に消費者と向き合い、売れ筋の商品や売り上げの伸びない商品毎にユーザーから入手する商品使用上の意見やクレーム等を販売戦略や商品開発に活かして販売競争を勝ち抜いていく必要があると判断しています。自社のWEBサイト上でアンケートや紙上調査を定期的に繰り返し、得られたデータや情報を分析することで消費者のニーズの動向やその変化を素早くキャッチするわけです。

また、ユーザー側の立場から商品を使用した感想や意見を企業側に伝えたくなる場合がありますが、企業のWEBサイトを開けた時にQ&Aのページへスムーズに誘導してもらえるようになっていることが極めて重要です。訪問しようとするユーザーはWEBサイトの該当するページへ迅速に、かつ、スムーズにアクセスできないと接続をすぐ止めてしまうからです。訪問しようとするユーザーにとって企業のWEBサイトの企業案内や取り扱い商品のPR等、色々な目的を持つコンテンツの各機能が分かりやすく分類されている必要があります。

注目情報